忍者ブログ
日々徒然と。
[106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やや、また二ヶ月振り
もう少しこまめに更新したいところですけど、もう少し暇になれ仕事


さて、豚チャンネルの大作「南極大陸」です。
かつて高倉健を脇役に追いやって犬たちばっかりが目立った映画
「南極物語」というものがありまして、織田くんの「踊る大走査線」
に抜かれるまでは邦画No.1に君臨し続けました。と言っても、犬に全く
興味のないワタクシ、「北の国から」で純が裕木奈江とラブホで観てた
映像くらいしか覚えておりません。そんなワタクシでもタロジロが生きて
た感動作というくらいは知っております。
まー、映画の記憶がそんなものなので、今回は純粋に南極に情熱を注いだ
男たちのドラマとして楽しみたいと思ってました。

豚チャンネルのドラマは力を入れてれば入れてるほど良作になるので、
そんなに心配してませんでしたが、今作も大変面白かったです。
やー、金かけた大作というならディテールに拘ろうよ、と。ところどころ
ジャイさんっぽい素直すぎる(子供がお金持ってくるところとかね)演出
がありましたが、それがジャイさんっぽくて良かったというか。

役者さんたちの熱演があり、途中ナウシカを挟んで、「おれはやるぜおれは
やるぜ」ありの、倉持演説、トラックで男の心意気、と盛りだくさんでした
が、最後の走っている綾瀬ちゃんの胸に釘付けwww やー、お父さんたち
離しませんでー(笑)

そういえば、主役級の豪華俳優たちを脇にそろえてって言われてますが、
自分の感覚で豪華というと民放ドラマか大河の主役級のことなんですよねー。
そうすると、柴田さん、緒形直人、山本学、渡瀬恒彦ぐらいかな。
邦画の主役や若い子向きの主役は、大物くると真ん中向きじゃない人ばかり
なんで除外。上記4人でもコンスタントに主役やってるの渡瀬さんだけなんで
正しくは、名脇役と若手人気役者と旬の子役を揃えたというのが正しいかと。
20年目でも「常に最前線に立ち続ける」と言える人を脇にして主役張れる人
なんて限られてるよねー。

ふー、大して、というか全然中身を語るまま終りますwww
来週も楽しみー
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/14 久麻]
[05/03 あんじゅ]
[03/02 久麻]
[02/28 ぱてぃ]
[12/16 久麻]
最新TB
プロフィール
HN:
森野 久麻
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
design[dot×dot]
忍者ブログ [PR]