忍者ブログ
日々徒然と。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よもやこの映画を観に行くことになるとは思いもせんでした。
それも、公開初日の一番上映を。

そもそも、映画化されたのを知ったのが火曜日とかでしたからね。
なぜに「宇宙兄弟」ではなく「紙兎ロペ」だったの?やー、なんとなくですけど。

さて、あのゆる〜い作品を1時間半もどうするのか!? と疑問に思ってたんです
けど、まぁゆる〜く始まり、ゆる〜く終わったという。事件とか起こっているのに
すっごくゆる〜いという、っつーか、ゆる〜く作れることに脱帽。
TOHOシネマーズでやっているののそのままでした。

張り紙とかの小ネタが多すぎて追っかけきれなかったですが、「全国土下座技能
選手権出場」の垂れ幕から笑わせてもらいました。

ジョイフルランドのテーマ曲が耳に残って困っています。誰が歌っているのか知
りたくてパンフレットまで買ってしまいました。

ゆる〜い話が好きな人で、ゆる〜く笑いたい人向け。


PR

前半の阿部ちゃんは、ほとんど裸です。ってーか、ものすごい裸祭りww

漫画のエピソードを最初に畳み掛けるように仕掛けて、上戸彩との関連づけをして

怒濤の後半へ。後半は前半ほど笑えないけど、映画として仕上げる方法としては良かった

かな。まー、あの作品をそのまま映画にするのは難しいと思うので、いい落とし所じゃな

いかなと思いました。

 

阿部さん、、北村さん、市村さん、宍戸開とこゆーい日本人俳優が、外人さんに混じって

も違和感ないというか、見つけるられないってすごいです。なんだろー、あのメンツが

日本語しゃべってるからか、外人さんが日本語でも違和感なかったです。


映画としては面白かったです。
お久しぶりな更新です。
えーと、2ヶ月振りくらい?
そろそろ夏も終わりそうです。


さて、映画に行ってきました。
最近の映画館というのは、公開日近くじゃない
と上映回数が激減するんですよね。
本日も上映は2回。9:10からと23:55。
ーーー二択にもなってなくね?
まぁ、そういうことで9:10から観ました。

内容は、映画っぽい映画というか、寅さんとか
釣バカみたいな感じでした。起承転結がちゃん
としていて、話が良くまとまっていて、2時間
楽しく見れました。

本庁とか出て来て途中から刑事物っぽくなるん
だけど、そこは両さん。中川の財力と両さんだ
けでなんとかなっちゃうんですよね。犯人と両
さんが対峙する場面では、ちょっとうるっとき
てしまいました。
両さん慎吾の難点は、ふっとした時にかっこ
いい顔になってることぐらいかな?

TBSとしてはシリーズ物にして1年に一回ぐらい
公開したいのかなぁと思うような安定感でした。
 観てきました、ヤマト!
CMで観客が、番宣で小学生が泣いていたので、絶対泣くと思っていたのですが、
全く泣きませんでした。想定外。ストーリーはTV版とさよなら〜が合わさった
感じです。


最初からCGが凄いです。宇宙戦艦ヤマトって感じがちゃんと出てました。
とにかく泣くかと思ってハンカチを用意していたのですが、ずっとアニメ版との
相違点を確認していたら泣き所がみつかりませんでした。というか、こんなこと
が! って驚きがなかったというのも大きいのかも。細かい所はアニメ版と違う
けど、大まかなことは一緒だったんですよね。沖田艦長の有名な台詞もあったし、
アニメ版知りすぎてる身としては「おおっ!」と驚く方が大きかったです。
一番嬉しかったのは、デスラー(映画ではガミラス)とスターシャ(映画ではイ
スカンダル)とアナライザーの声優が同じだったことです。デスラー出て来た所
で「うほっ」とテンションだだ上がり。敵方は実は非常に人間的で、甘さとか奢
りとかあって、そこがヤマトが対抗出来る要因だったんですけどね。映画という
時間的に制約がある媒体なので、これが精一杯かなぁ。あと、デスラーは伊武雅
刀じゃなきゃ絶対だめってファンが多いので(ワタクシもその一人)あれが最良
の落としどころかな。

あ、木村はかっこよかったです! あの上着(矢印)なのにかっこ良いとはどう
いうことか、と。艦長代理って十代の若造じゃ出来ないよな、と今では思ってい
たので、木村くらいの年齢がやるのがちょうどいいかと思いました。ただ、一つ。
雪が「古代さん」と言っていたのがちょっと寂しかったです。やっぱり、「古代
くん」と言って欲しかったかな。
しかし、アニメ版を好きな人も、初見の人も楽しめる映画だと思います。これを
作った監督は凄いです!
映画「大奥」を観てきました〜。

ほぼほぼ原作通り。まー、あの話は下手に原作者以外が手を加えると
世界が破綻しちゃうからね。

二宮くんは、原作の水野ってイメージではないのですが、演技力で
無問題。お信の堀北真希ちゃんも、元気な町娘でよろしいかと。
久通は原作から抜け出したように、もーイメージ通り!!
吉宗は、非常に男前でしたよ、ホント。原作のイメージにもあって
ましたし。

しかし、剣の腕前を披露した後の水野に、下働きの男の子たちが
キャーキャー黄色い声を上げるシーンがあるのですが、えーと、実写
だときついなぁ、と。

映画としては、とても良く出来ていて面白かったです。
しかし、何度アキラ先輩の間違ったティッシュ配り講座を見るのか…。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/14 久麻]
[05/03 あんじゅ]
[03/02 久麻]
[02/28 ぱてぃ]
[12/16 久麻]
最新TB
プロフィール
HN:
森野 久麻
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
design[dot×dot]
忍者ブログ [PR]