忍者ブログ
日々徒然と。
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 公開2日目で観に行くなんてすっごいファンみたいですが、まぁ何となくこんな日に。かつてハリーポッターの3巻目だかを特別上映日にたまたま観てしまったぐらい、映画観に行くタイミングは無頓着です。しかし人気ありますねー。前から2列目という近さで観たのは、「アリオン」を有楽町マリオンで1列目で観て以来です。首がね、痛かったですよ。


 アリス19歳です。漫画なんかでは大人だったり、ましてや男だったりしちゃうワンダーランドのアリスですが、こちらは自分が今イチわからない少女以上大人未満の女の子です。彼女のベースには「不思議の国のアリス」がいて、ただし彼女はそれを記憶として覚えていなくて夢と思っています。
コルセットもストッキングも嫌いで、姉の旦那が浮気している現場を見ても、色々世話してもらっている貴族のその息子からみんなの前でプロポーズされても、自分がどうしたいのかわからないで逃げ出してしまいます。
そして、逃げだした先はワンダーランド。幼いアリスが訪れた「不思議の国」よりもずいぶんと荒廃した世界になっています。

宣伝では全面に押し出されているマッド・ハッターは話がだいぶ過ぎてから登場します。もーね、誰だかわかんないよレベルのメイクなんですけど、ジョニー・デップはまぁこんな感じですかね。

赤の女王と白の女王の対比は、あからさまに酷いです。アン・ハサウェイ演じる白の女王は、手と動きがとっても気になるのですが、とっても美しい女性です。対する赤の女王は、頭が大きくけっして美しいとは言えない容姿と嫉妬心を持った醜い女性です。白の女王は美しいのですが、「生き物を殺さない」というポリシーのもと、アリスに剣を取らせたり、死こそが慈悲のはずなのに罪人を永久追放したりと、相当酷い人です。ちなみに、アン・ハサウェイがアリス役だと思っていた私は、映画の始めから頭を捻っていました。どう見てもアリス、アン・ハサウェイじゃないし、白の女王の方がアン・ハサウェイみたいだし?と。単純に観たまんま、白の女王がアン・ハサウェイだったんですけどね。白の女王の声を深田恭子がやっていて驚いたのですが、公式サイトでは「誰がやっているのか映画観て応募」ってなキャンペーンやってました。

「不思議な国のアリス」と「鏡の国のアリス」ががっちゃんこしているのでしょうしょう混乱しましたが、赤の女王と白の女王の争いだったり、ジャバウォックの詩だったり鏡の国がベースのようです。アリスが剣で戦ったり、最後に中国行っちゃったり、ところどころ「?」な展開はありましたが、総じて楽しくて面白かったです。でも、3Dの必要はなかったよなぁ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/14 久麻]
[05/03 あんじゅ]
[03/02 久麻]
[02/28 ぱてぃ]
[12/16 久麻]
最新TB
プロフィール
HN:
森野 久麻
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
design[dot×dot]
忍者ブログ [PR]