忍者ブログ
日々徒然と。
[83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友人からチケットをゆずってもらって「K2」を観てきました。
ある意味、すっごい特等席でした。


「K2」
堤さんと剛お二人芝居なのですが、舞台設定も特殊なら、舞台そのものも
特殊。

男三人でいっぱいになってしまうようなスペースで、やっと命を繋いだ
ハロルド(堤)とテイラー(剛)。上も下も氷の壁。ロッククライミング
でなければ降りられない場所です。舞台の上から、通常床であるところを
さらに下まで氷の壁があり、ちょうど中腹あたりが二人の主な演劇スペー
スになっています。

この話しは、一言で言えば、一人の男の命を諦める、諦めさせる過程を描
いたものだと思います。その過程が切ないのです。

ハロルドは左足を骨折していて、ほとんど座りっぱなしです。それがどれ
ほど体温を奪っていくか。二人で生き残るのは無理。だけれどテイラーは
ハロルドの命を諦めることに抗います。ザイルは一個しかなく、崖の上に
設置したザイルを取り戻そうと、テイラーは何度も崖を上りますが、その
過程で雪崩ってきた雪に、その他の機具も流されてしまいます。

もうどうしようもない、最善の方法は一つしかないという場面になっても
ハロルドの命を諦める事ができないテイラーの葛藤に涙腺崩壊。もー、
あーゆー剛の演技にすっごく弱いのです。後半はだらだら涙流しながら観
てました。

この舞台、剛は三度ほどロッククライミングしてたり、割と狭いスペース
ながら動き回っているのですが、堤さんは左足が折れた設定なのでほとん
ど座りっぱなしです。二人芝居なので台詞量が半端なく、さらに物理学者
役の堤さんは物理学まで語っているのですが、動きの切っ掛けがほとんど
ないのに、よく台詞覚えられるなーと感心してしまいました。あと、二人
のロープや機具の扱いもスムーズでしたが、あれ覚えるの大変だったろう
なぁ。



「99年の愛」
スガコ&剛なら見ない理由がありません。もー、最初から最後までスガコ
節炸裂(笑)5日連続で大丈夫? と最初は思いましたが5日間楽しくっ
て、あっというまに過ぎてしまいました。

姉妹二人がよりによって広島と沖縄だったり、虐められて肩身の狭い思い
したりとスガコワールドが展開される中、一番のクライマックスであった
442部隊の救出作戦は、ジャイさんの渾身の演出でした。4話は至る所
で剛に泣かされました。一番泣かされたのは、5話の姉妹がおはぎを食べ
るシーンのシズです。ほろりほろりと流れる涙につられて泣いちゃいまし
たよ。あの一瞬で、姉妹が戦時中に置かれていた立場を理解した高畑さん
の演技は素晴らしかったです。

しかし、仲間由紀恵だけならず、イモトまでもがちょっと可愛くみせてし
まう剛マジックは流石です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
だよね?!
イモトかわいかったよね?!
私の目のせいじゃなかったんだ!!
も、剛さんの抱き寄せ方とか、すげぇ男前で萌えた…!
326 2010/11/14(Sun)16:53:35 編集
でしょ?
コメントありがとうございます。

剛さんは、相手役を可愛くみせる役者さんなんです。
でっかい小雪も可愛く見えたしね!
久麻 2010/11/20(Sat)00:58:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/14 久麻]
[05/03 あんじゅ]
[03/02 久麻]
[02/28 ぱてぃ]
[12/16 久麻]
最新TB
プロフィール
HN:
森野 久麻
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
design[dot×dot]
忍者ブログ [PR]